高さゲージ(2段)
高さゲージ(2段)

高さゲージ(2段)

使用目的に応じて寸法公差、幾何公差などが選択できます。

検査形状
用途
セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

高さゲージ(2段)について

高さゲージ(2段)は、工作物の高さを正確に検査するために使用される検具です。その使い方と代表的な使用用途を説明します。

使い方

  1. ゲージの選定: 検査したい高さのゲージを用意します。
  2. 基準面の確認: ゲージのベースを確実に平らで安定した基準面(例えば機械のテーブル)に置きます。
  3. 測定: 検査対象と比較検査したり、インジケータやハイトゲージ等の測定機器をプリセットします。

使用用途

  • 工作物の高さ測定: 工作物の高さや突出部の高さを正確に測定するのに使用します。
  • 複数の測定ポイント: 高さゲージ(2段)では、異なる高さのポイントを同時に使用することが可能で、ブロックゲージよりも複雑な測定作業に適しています。

高さゲージ(2段)は、特に精密な高さ測定が必要な加工、測定機機、品質検査などの分野で使用されます。複数の測定ポイントを持つことで、より多様な測定要件に対応できる利点があります。

セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

製品一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る