長穴栓ゲージ
長穴栓ゲージの先端
長穴栓ゲージ
長穴栓ゲージの先端

長穴栓ゲージ

使用目的に応じて寸法公差、幾何公差などが選択できます。

セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

長穴栓ゲージについて

長穴栓ゲージは、長穴が寸法の許容範囲内にあるかを検査するために使用される検具です。幅、および形状を検査するのに適しており、機械加工や品質管理の分野で重要な役割を果たします。以下にその使い方と代表的な使用用途を説明します。

使い方

  1. ゲージの選択: 測定したい長穴のサイズと形状に合わせた長穴栓ゲージを選択します。
  2. 検査の実施: ゲージを長穴に挿入し、穴の寸法や形状が規格に合致しているかを確認します。
  3. 合否の判定: ゲージの通側が通り、止側がどちらも止まれば長穴は規格に合致していると判断されます。その他は、寸法が規格から外れている可能性があります。

使用用途

  • 長穴の寸法検査: 機械部品や工作物に加工された長穴の寸法を検査する際に使用されます。
  • 品質管理と製造プロセスの監視: 製造された部品が一貫して規格に適合しているかを確認するために使用されます。
  • 設計と検査: 設計図通りに製品が作られているか、特に長穴の寸法に関して検査する際に役立ちます。

長穴栓ゲージは、精密な寸法が要求される機械加工、自動車製造、航空宇宙産業、精密機器製造などの分野で広く使用されています。このツールは、製品の品質と性能を保証する上で不可欠な役割を果たします。

セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

製品一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る