通止栓ゲージ
通止栓ゲージ

通止栓ゲージ

使用目的に応じて寸法公差、幾何公差などが選択できます。

セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

通止栓ゲージについて

通止栓ゲージ(Go/No-Goゲージ)は、穴やネジ等の直径が特定の許容範囲内にあるかどうかを検査するためのゲージです。このゲージは「通る」(Go)側と「通らない」(No-Go)側で出来ています。
使い方と代表的な使用用途を以下に説明します。

使い方

  1. ゲージの準備: 検査したい部品に合わせた通止栓ゲージを準備します。
  2. 「通る」(Go)側の使用: 「通る」側は、被測定物(例えば精度穴)が最小限の許容範囲内にあるかを確認するために使用します。この側がスムーズに通れば、最小寸法は満たされています。
  3. 「通らない」(No-Go)側の使用: 「通らない」側は、被測定物が最大の許容範囲を超えていないかを検査するために使用します。この側が通らなければ、最大寸法は満たされています。

使用用途

  • 精度穴やネジ内径の寸法検査: 機械加工で精度穴の直径やネジの内径を検査する際に使用します。
  • 品質管理: 製造プロセスや最終検査での部品の寸法精度を維持するための検査に使用されます。
  • 合否判定: 製品が規定の寸法内にあるかどうかを迅速に判断するために利用されます。

通止栓ゲージは、精密な寸法が要求される機械加工、製造業、品質検査などの分野で広く使用されています。誰でも簡単に寸法の合否判定が出来ます。

セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

製品一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る