片口板挟みゲージ
片口板挟みゲージ使用例
片口板挟みゲージ
片口板挟みゲージ使用例

片口板挟みゲージ

製品の外の2面幅を検査するゲージです。

検査形状
用途
製品タグ
フルオーダー | お見積りへ

お客様仕様に合わせてお見積りができます。設計にあたり図面を添付いただく場合があります。

片口板挟みゲージについて

片口板挟みゲージの特徴

限界プレーン 片口板挟みゲージ
納期受注後実働22日以内(応相談)
材質・硬度SKD-11 HRC58~60

片口板挟みゲージとは

  1. 片口板挟みゲージは、製品の外の2面幅を検査するゲージです。通り側(入口側)と止り側(段差側)があり、もしゲージの通り側(入口側)が入らなければ規格よりも形状が小さ過ぎることになるので不合格品となります。通り側が入り、止り側が入らなければ合格品となります。止り側まで通った場合、形状が大き過ぎることになるので不合格品となります。片口板挟みゲージは最終検査や受け入れ検査だけではなく、現場作業での検査にも大きな助けになります。
  2. 納品の際には0.001mm単位の測定表を添付しています。また、ご希望により測定機器の校正証明書を添付致します。(別途費用)
  3. その他のサイズ・特注品でも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。
片口板挟みゲージの2D図面
参考図面
フルオーダー | お見積りへ

お客様仕様に合わせてお見積りができます。設計にあたり図面を添付いただく場合があります。

製品一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る