円筒度検査ゲージ
円筒度検査ゲージ

円筒度検査ゲージ

使用目的に応じて寸法公差、幾何公差などが選択できます。

検査形状
用途
セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

円筒度検査ゲージについて

円筒度検査ゲージは、工作物や部品の円筒形状が特定の規格や設計要求に適合しているかを検査するために使用される専門的な検具です。円筒度は、円筒形状の部品が理想的な形状からどれだけ逸脱しているかを示す指標で、精密な機械加工や品質管理において重要です。以下にその使い方と代表的な使用用途を説明します。

使い方

  1. ゲージの準備: 測定したい部品に合わせて円筒度検査ゲージを調整します。
  2. 部品のセットアップ: 検査する部品をゲージに挿入します。
  3. 検査の実施: 部品がスムーズに通れば、ゲージの範囲の円筒度を満たしています。

使用用途

  • 円筒部品の品質検査: シャフト、ピストン、軸受けなど、円筒形状の部品の品質を検査する際に使用されます。
  • 機械加工の精度確認: 機械加工された部品が設計仕様に合致しているかを確認するために使用されます。
  • 品質管理と標準遵守: 製造された部品が業界標準や顧客の要求を満たしているかを検査するために利用されます。

円筒度検査ゲージは、自動車、航空宇宙、精密機械工業など、高い精度と品質が要求される多くの分野で重要な役割を果たします。このゲージを用いることで、部品が円筒形状の設計基準を満たしているかを迅速に評価することができます。

セミオーダー | お見積りへ

数値を図面に入力することでお見積りができます。

製品一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る